🌳耳がきこえない主人公

きこえない人と接したことがない方、手話を知らない方へ、関心を持っていただくきっかけになればと、耳がきこえない人を主人公にした漫画が京都府向日市によってつくられました。当事者の視点が重視され、市内の障害者団体が協力してつくられたそうです。それぞれの章の末尾には、音や声の代わりになる用具のこと(日常生活用具など)、耳マークや聴覚障害者標識の紹介、補聴器装用者と会話を楽しむための配慮、さまざまなコミュニケーションの方法、手話通訳者になるためには・・・などの資料も掲載されています。ブログでもご紹介しています☆彡