🌳新生児の難聴の早期支援策

新生児聴覚スクリーニング検査を生後1ヵ月で終了、生後3か月までに精密検査、難聴が分かった場合には生後6か月までに療育訓練が望ましいとされています。平成31年3月、厚生労働省と文部科学省が連携する「難聴児の早期支援に向けた保健・医療・福祉・教育の連携プロジェクト」が立ち上がり、先日その策がまとめられたそうです。ブログからも情報発信を心がけています(^ー^)