🌳こどもにとって「聞く」は「育つ」

耳は、脳に聴覚情報を届ける ”入口” のような存在。幼いこどもが話し言葉や読み書きの能力を身に着けるには、4,500万語・20,000時間の聞き取りができる環境が必要だといわれています。乳児期を経て幼稚園や学校に通うようになると、こどもの環境はめまぐるしく変わります。年齢が上がるほど高度になっていく学びの場で、その状況に合わせた「きこえ」を助けることがこどもの成長に不可欠です。補聴器のぴあブログはコチラです(^▽^)/