🌳「遥かなる甲子園」

沖縄にあった聾学校が題材になっている「遥かなる甲子園」。沖縄は1965年に風疹が流行しました。数百人のこどもが先天性風疹症候群となり難聴をもって生まれました。教育施設として聾学校が設立され、生徒たちは野球部を立ち上げ甲子園を目指します。しかし、高校野球側が聾学校の参加を認めておらず・・・   このたび「遥かなる甲子園」の舞台劇が医師や市民らによって企画されたそうです。「公演を見ることで、風疹予防の大切さを広く知ってもらい、聴覚障害について理解を深める機会にしてんもらえれば」と話しています。クリックすると補聴器のぴあブログへジャンプします。